Text Size : A A A
Img_ee838576050376dca0aa97c257728720
Img_60074af31228ed68c123d1a78e7a3f73

Img_3c9353a9c3f59963b9fd243d333b42bf
Img_374cc79d79344d846acd3df987907ba6
夏に歩いた北アルプス南部峠越えのルポルタージュが掲載されています。「山の文学アンソロジー」と合わせてぜひご覧ください。
Img_2e6ab21173b446f509872380cb258d5e
OHPを使用した影絵の会を今年も行う予定です。


・12月25日  (奈良市 guest house oku)
・12月30日 (東京 代々木上原)

新作を作ります。また詳細はご報告します。
2月に、ギャラリーハウスMAYAさんで個展をさせていただいてから、あれよあれよという間にふた月が経ってしまいました。
改めて、個展での時間は本当に幸せで、いまでも夢だったのかなと思うほどです。
あの時間を通じて、これからむかうべき方向がはっきりしてきました。
個展をすることは、過去の作品をお見せすることですから、どこか後ろ向きな気持ちもしていましたがそれは間違いでした。
以下のリンクで、MAYAさんが、展示での様子を紹介してくださっています。

 (Click!) 

展覧会が終った後は、慌ただしくインドへ。
インドでも、北端のジャンムーカシミール州、ラダックという地域です。インドヒマラヤの山岳地帯です。

1ヵ月、ホームステイをしながら山を歩いたり、土と生きるラダックの人々から”生活”そのものを学びました。
日本でやっていた影絵遊びが、この土地の子どもたちにどう感じてもらえるか、ワークショップをする機会もありました。自分の中でカチカチに固まってしまっていたものが解れていくような1ヵ月だった。

Img_203fb663bdfb5a2d0979cdc6da5fb595
山の上に寺院(ラダック)
Img_601f481b043657ab3f4e13435f447d00
影絵を使ったシルエット遊び。ラダックの子どもたちと。
そして4月からは奈良での生活が始まりました。
大学で日本画を基礎から学びます。
筆をもって毎日を暮らせるなんて、本当にありがたい経験です。
生きてる間に、一枚でも良い作品をつくれるようにと思うばかりです。

これからも、影絵の企画など、ご依頼があれば可能な限り赴きます。お気軽にご連絡ください。


Img_34b7f504894c12092633fa2b0a537cf5
切り絵展「紙のかけら影のかたち」終了しました。
この6日間、沢山の方と出逢い、たくさんのお言葉を頂きました。
殻を破りつつ、あたらしくこの先も精進いたします。
来場してくださった方々、応援してくださった方々、本当にありがとうございました。



※私事ではありますが、3月~4月頭にかけて、日本を出て音信不通気味となりますので、
その間ご迷惑をおかけすることがあると思います。ご心配されることのないよう、この場でご報告させていただきます。