Text Size : A A A
Img_9c81da83424703d8f31ae1a8033b1b19
那珂川の渓流で。
まだまだ勉強しなくてはならないことが山盛り。川について、生きものについて。
Img_c5506a62e9530d1e473616c9d720b21f
三好達治のエッセイによせて
Img_a852cc0bb1311c53e4b3e4a35f64b2d2
山雑誌「岳人」にて、挿絵の連載を始めてしばらくになります。
1年続くかなと不安もありましたが、もうちょっとで1年かな。
毎月送られてくる原稿を何度も読み、相応しい挿絵を考えます。

近代文学者たちが書いた”山に関わる”エッセイや短編の原稿を読んでいると、「ん?」と思うことが多々あります。地名や、道具の名前など、サラッと間違ったことが書かれていたりする。「文脈から考えると、そこから○○岳がみえるわけないよなあ」とか、「富士川をフネで下るなら、使ったのは櫂じゃなくて竿だろうよ(原文は「櫂を漕いで、、」とあり)」など。でもそれが底本どおりなのです。

ただ、絵にするとなるとちょっと困る。原稿通りにとらえるべきか、密かに真実を盛り込むべきか、大体の人にはバレない小さな葛藤。
でも結局、切り絵にしてしまうと、私の絵柄もありますが、なんとなくまあ、おさまるもので。

切り絵というのはいいものです。

「山の文学アンソロジー」ぜひお立見を。
Img_5cf7b7a33e1588171c026beef52122f3
べっしゃり雪のラッセルでした。アポロチョコみたいなお山でした。
Img_4d39faa4660207587fd1e02e9eef28c6
Img_eabd3b4ac4ccd970a1b782f72c414251